仙台市泉区の矯正歯科なら、加茂谷矯正歯科

電話予約
初診WEB予約

コラム

コラム column

歯を抜きたくない!非抜歯矯正できますか?

こんにちは。
 
泉区泉中央の「加茂谷矯正歯科」です。
 
 
「矯正をする時に、抜歯するって聞いたけど、歯を抜かないで治療することはできますか?」
 
そんな、「非抜歯矯正」のご希望をおうかがいすることがあります。
 
健康な歯を抜くのは、やはり躊躇しますよね。できれば歯を抜かずに治療をしたい、という希望は歯科医も同じですから、お気持ちはよくわかります。
 
実際、矯正治療で抜歯をせずに治療できるケースはいくつかあります。前歯のすき間が原因の歯並びの乱れなどは、そのケースに該当する可能性があります。
 
今回は抜歯をせずに矯正をした時の、メリットデメリットを解説するので、ご自身の矯正治療の参考にしてくださいね。
 
 

矯正治療で抜歯をする目的って何?

そもそも、なぜ矯正治療で抜歯が必要なのでしょうか?
 
それは限られた顎のスペースに、歯をきれいに並べるためです。
 
歯の大きさに対して顎が小さいなど、歯と顎のバランスが取れていないと歯並びの乱れにつながります。
 
そういう場合、まず抜歯をしてスペースを作り、きれいに歯を並べるための矯正治療を行うのです。
 
 

非抜歯矯正のメリットとは?

● 健康な歯を保存できる
 
歯を抜かずに矯正治療をする一番のメリットは、健康な歯を抜かずに済むということです。
 
抜歯をする時は、影響の少ない歯を選んで抜きますが、お口全体で考えると要らない歯はありません。どの歯も、噛み合わせのバランスには必要といえます。
 
 
● 抜歯をする精神的不安がない
 
歯を抜くという治療のストレスは、どうしても精神的に不安を感じてしまうもの。抜歯をせずに矯正ができるなら、それに越したことはないでしょう。
 
 

非抜歯矯正のデメリットとは?

● 前歯が出てきて、口元が出っ張る
 
歯をキレイに並べるスペースがないのに、無理に非抜歯矯正をすると、入りきらなかった前歯が押し出され、口元が出てしまうことがあります。
 
この場合、見た目だけではなく、噛み合わせにも影響が出てしまいます。
 
 
● 歯ぐきが下がる
 
狭いスペースに歯を並べることで、歯ぐきに負担がかかってしまい、歯ぐきが下がる「歯肉退縮」が起こる恐れがあります。
 
歯肉退縮は、歯の根本の表面が表れることから、知覚過敏やむし歯、歯周病のリスクが高くなる症状です。
 
 
● 「後戻り」しやすい
 
もともと抜歯をせずに無理に歯を並べていることから、矯正治療後に元に戻ろうとする力が働いてしまい、後戻りをする可能性も否定できません。
 
後戻りをしてしまうと、もう一度、矯正が必要になることがあります。
 
 

「抜歯せずに矯正、できるかな?」ご相談は当院へ

当院の院長は、矯正治療の専門家。日本矯正歯科学会 認定医として、経験豊富で多くの実績があります。患者さんのご希望をおうかがいし、適切な治療方法をご提案します。
 
矯正についてもっと詳しく聞いてみたいと思われた方は、加茂谷矯正歯科まで、お問い合わせください。