仙台市泉区の矯正歯科なら、加茂谷矯正歯科

電話予約
初診WEB予約

コラム

コラム column

抜歯しないで歯を削る?「IPR」による歯並び矯正とは

こんにちは。
 
泉区泉中央の「加茂谷矯正歯科」です。
 
 
歯の側面をわずかに削り、歯と歯の間にスペースを作って矯正をする「IPR」という治療方法があります。
 
矯正をする時に、歯をキレイに並べるスペースを作る方法はいくつかありますが、IPRは歯を抜かないで矯正を行う「非抜歯矯正」の治療法のひとつです。
 
今回は「IPR」という歯並び矯正の、メリット・デメリットの解説をします。「抜歯をしない矯正があるのなら知りたい!」という方はぜひ参考にしてくださいね。
 
 

IPRってどんな矯正治療?

抜歯をする代わりに歯と歯の間にやすりをかけて隙間を作り、歯をキレイに並べるスペースを確保する矯正の治療方法がIPRです。
 
歯を1本抜くとスペースが広すぎる場合でも、IPRなら、ちょうど良いスペースを作ることができます。
 
歯の表面にあるエナメル質の厚みは1mm~2mmですが、削るのはわずか0.2mm~0.5mm程度です。ごく表面だけを削るので、痛みやしみる心配はほとんどありません。
 
IPRは、歯の間(Interproximal)のエナメル質(Enamel)の削減(Reduction)の略で、正式名称はInterproximal Enamel Reduction。IPRは、そのまま「アイピーアール」と読みます。
 
IPRは、ストリッピング(Stripping)、ディスキング(Disking)、スライシング(Slenderizing)などとも言われます。
 
 

IPRのメリットは?

・抜歯をせずに済む
 
最大のメリットは、抜歯をせずにキレイに歯を並べるスペースができることです。健康な歯を抜くのに対して、どうしても戸惑いを感じる方に安心感を与えられます。
 
 
・上下の歯の大きさのバランスが整えられる
 
歯を削り、上下の歯の真ん中を揃えるので、見た目はもちろんのこと、噛み合わせも整えられます。
 
 
・ブラックトライアングルを改善できる
 
ブラックトライアングルとは、歯と歯の間にできる三角形の隙間です。これは歯ぐきの炎症などで、歯ぐきがやせて、下がってしまう症状です。
 
矯正治療では、歯が正しい位置に並んだ後に、この症状が出やすくなります。その場合、IPRで歯を削り、隙間を目立たなくさせることで、ブラックトライアングルを改善させます。
 
 
・治療後の「後戻り」を防ぎやすい
 
IPRで治療された歯は、しっかりと隣の歯と支え合うため、治療後の後戻りを防ぎやすくなります。
 
 

IPRのデメリットは?

・健康な⻭を削らなければいけない
 
歯を抜くことと同様に、歯を削ることに抵抗を感じる方もいらっしゃるでしょう。ただ、歯の健康や寿命に問題はないと言われています。
 
 
・歯ぐきに痛みや出血がある可能性がある
 
治療は歯ぐきに近いところまで削るので、歯ぐきが腫れているなどの歯肉炎の症状がある場合、痛みや血が出ることもあります。
 
 
当院の院長は、矯正治療に関する高い専門性を備えた歯科医です。ご質問いただければ、もっと詳しいお話をさせていただきます。ご来院をお待ちしています。