仙台市泉区の矯正歯科なら、加茂谷矯正歯科

電話予約
初診WEB予約

コラム

コラム column

子どもの矯正は早めの相談がおすすめ!きれいな歯並びはお子さんの将来への贈りもの

こんにちは。
 
泉区泉中央の「加茂谷矯正歯科」です。
 
 
皆さんは、お子さんの歯並びについて気になることはありませんか?
 
「自分の歯並びが良くないので、子どもの歯並びはよくしてあげたい」
「子どもの歯の矯正をしたいんだけど、いつから始めればよいのだろうか?」
 
きれいな歯並びは、お口の健康だけでなく、将来お子さんが社会に出たときにプラスの影響を与えます。
 
お子さんへの将来の贈りものとして、矯正治療をいつから始めればよいのかを解説します。
 
 

歯科矯正を始めるタイミングは?まずは早めのご相談を

子どもの矯正は永久歯が生えそろってから、と思われている方もいらっしゃいますが、じつはそうではないのです。
 
お子さんにとって適切な時期に矯正治療を始めることによって、お子さんへの負担も少なくなります。
 
子どもの歯科矯正治療の開始時期には、大きく分けて2つあります。
 

      

  • 乳歯が永久歯に生え変わり始めたときに始めるⅠ期治療
  •   

  • 永久歯が生えそろってから始めるⅡ期治療

 
Ⅰ期治療では、歯の生え変わる時期に成長途中のあごのコントロールを行い、これから生えてくる永久歯のためのスペースを確保するための治療を行います。
 
お子さんの「あごの成長を利用して骨の形成に働きかけることができる」のはこの時期が適しています。
 
お子さんによってはこのⅠ期治療で矯正が完了する場合もありますし、Ⅱ期治療へ向けての下準備も整えることができるので、メリットのある行程といえます。
 
Ⅱ期治療では、Ⅰ期治療を経て、本格的な矯正治療を行うか判断していきます。
 
ワイヤー矯正装置やマウスピース矯正装置を使い、永久歯に力をかけ歯並びを整えていきます。
 
 

欧米では歯科矯正は今や常識

欧米では、歯並びがよいことはマナーの1つであり、歯並びが悪かったら治す、というのが当たり前の社会環境になっています。
 
お子さんが将来、日本だけでなく海外で活躍することも視野に入れ、きれいな歯並びをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。
 
 
加茂谷矯正歯科は、矯正治療専門の歯科医院です。
 
お子さんの矯正治療を始めるタイミングでお悩みの方は、どうぞお気軽にご相談ください。
 


もっと詳しく >